白内障|田辺眼科クリニック

白内障

TOP > 診療科目 > 白内障

白内障の症状

  • 『何となく物がかすんで見える』
  • 『外の光がやけにまぶしく感じる』
  • 『何だか一時的に近くの物が見えやすくなった』
  • 『急に眼鏡が合わなくなってきた』
  • 『物が二重、三重に見える時がある』

このような症状が現れたら、白内障の可能性があります。

白内障って、どんな病気なの?

人の目は、よくカメラにたとえられますが、カメラのレンズに相当するのが「水晶体」です。 水晶体の中身は、透明な組織でたんぱく質と水分から構成され、「皮質」と「核」にわかれています。

正常な水晶体は透明で、光をよく通します。
しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性してきて、濁ってくることがあります。これが「白内障」です。
水晶体が濁ると、光がうまく通過できなかったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

白内障が起こる原因には、どんな事が考えられるの?

白内障はさまざまな原因で起こりますが、最も多いのは「加齢」によるもので、このように加齢が原因で起こる白内障のことを「加齢性白内障」と呼んでいます。
個人差はありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁っています。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。

この他、白内障が起こる原因には、このような理由が考えられています。

※各白内障の種類による原因は、あくまで可能性の一部です。
ご自身で判断なさらずに、一度当院で受診される事をお勧め致します。

白内障の治療は、どんな事をするの?

日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬などにより、白内障の進行を遅らせます。しかしこれらの薬剤は、水晶体が濁るスピードを遅くするもので、症状を改善したり、視力を回復させることは出来ません。

白内障が進行して、日常生活に不自由を感じるようであれば、手術を行います。

どんな症状になったら、手術を考えれば良いの?

このような時には、手術を考えられる事をお勧め致します。

  • 視力が低下して、日常生活やお仕事に支障がある場合
  • 視力が低下して運転免許が更新できない場合
  • 新聞を読んだり、細かい作業をするのが不自由である場合
  • 外では光が非常にまぶしくて見にくい場合
  • 生活に不自由を感じた場合

『手術』って聞くだけでも不安なんだけど、どんな事をするの?

手術は局所麻酔(意識消失を伴わない麻酔のこと。意識消失を伴う麻酔のことを「全身麻酔」と言います)で15分~20分で行われる、安全性の高い手術ですのでご安心下さい。

手術内容ですが簡単にお伝えすると、濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し(これを“超音波水晶体乳化吸引術”と言います)、人工のレンズ(眼内レンズ)を入れるという方法で行われています。白内障が進行して、核が固くなっている場合は、水晶体の核を丸ごと取り出すこともあります。

手術方法

手術をした当日は、入院の必要があるの?

当院での白内障手術は、入院の必要はございません。
手術したその日にお帰りなれ、その後の通院で経過を診察いたします。

器具について

当院では一症例ごとに全ての器具を取り替え、患者様に安全に手術を受けていただけるよう努めております。

眼内レンズ

全ての症例に小切開で挿入できる非球面の着色アクリルレンズを使っています。

滅菌

一例一例全ての器具を滅菌しております。

手術の費用はいくら位なの?

白内障の手術は健康保険が適用されます。

三割負担の方は48,000円程度です。

お問い合わせは、電話のみの受付けになります。
ご了承くださいませ。

閉じる

052-884-8677

初診受付

LINE

Facebook