OCT (光干渉断層計) | 名古屋市 田辺眼科クリニック

設備について

TOP > OCT (光干渉断層計)

OCT (光干渉断層計)

当院では2010年12月に OCT (光干渉断層計 Optical Coherence Tomography) を導入しました!

「OCT」は、このような機械です!

OCTは網膜(カメラで例えると、フィルムに当たる部分)の形態を捉えるために使用します。
OCTは網膜の断層画像を撮影出来る
という特徴があります。

分かりやすく説明しますと、眼底写真は航空写真、OCTは地層写真です。

航空写真だけでは山の高さや性質は分かりませんが、断層をみることで噴火によるものなのか、地殻変動の隆起によるものか判断できます。

眼底でも同様の事が言えます。眼底写真から病巣の範囲を知り、OCTにより原因がどの層にあるのかを確認することで、網膜に関する診断が容易に行えます。

OCTを必要とする代表的な疾患は?

「黄斑部疾患や各種網膜疾患の検出」、「緑内障の早期発見」など、これらの実現のためにOCTは欠かせない機器です。

OCTを使用した際の、患者様にかかる費用は?

検査費用は1割負担の患者様で200円程度、3割負担の患者様で600円程度になります。

その他、OCTに関してご不明な点ございましたら、当院スタッフまでご遠慮なくお問い合わせ下さい!

閉じる

052-884-8677

初診受付

LINE

Facebook